ジェネリック薬品-北名古屋市の歯科・歯科医院

えきまえ歯科 電話0568-25-2000 愛知県北名古屋市九之坪東町7-2

北名古屋 歯科

審美歯科ホワイトニング・口腔外科 西春駅前

ジェネリック薬品

 

ジェネリック医薬品とは

 

新薬として最初に発売された薬を「先発医薬品」といい、開発したメーカーが独占的にその薬を製造販売の特許を持ちます。

そして特許期間が切れると、他のメーカーでもその薬を製造販売できるようになり、これを「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」といいます。

当院では可能な限りジェネリック医薬品をご提供し、患者様への金額的な負担を少しでも下げられるよう努めています。


 

先発医薬品よりも格段に安いのはナゼ?

 

新薬の開発には、想像をはるかに超えた膨大な時間やお金がかかります。

それに比べ、ジェネリック医薬品は、すでに使われ、有効性、安全性も確かめられていますから認証までの手続きが少なくて済みコストを低く抑えることが出来ます。


 

 

薬代がどのくらい安くなるの?

 

薬にもよりますが、2〜8割りほど安くなります。

慢性疾患の場合には、長期間にわたっての投薬や複数の治療薬が必要になる事が多いので、自己負担額のさも大きくなります。


 

品質が落ちていない?

 

新薬同様に、品質や効果、安全性の規定を守って製造販売されています。

また、薬事法の規定や、医薬品の安全性や品質管理に関する基準など品質確保へのハードルの高さは新薬と変わらないため品質が落ちる心配はまったくありません。


 

ジェネリック医薬品はどのくらい使われているの?

 

 

日本で薬剤師の代替調剤が認められていないので、種類は多くても実際に使われているのは、薬全体の1割程度でしかありません。

これに対し欧米では40〜50%がジェネリック医薬品です。


 

 

 

 

 

 

愛知県北名古屋市(旧 西春日井郡西春町)の歯科医院 えきまえ歯科

北名古屋市 名古屋市 西区 北区 東区 岩倉市 清須市 小牧市 稲沢市 一宮市 春日井市からもアクセス。
県外など遠方からの患者様も来院されています。