北名古屋市 えきまえ歯科

歯科・こども歯科(小児歯科)・口腔外科・審美歯科

愛知県北名古屋市(西春町)

 

電話番号0567-22-1007

 

 

ドックベストセメント

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントに含まれる鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、むし歯を除去しないで無菌化する治療方法です。

通常のむし歯治療では、むし歯の菌に侵された部分を完全に除去しようとすると、神経まで達してしまうことがあり、神経を抜くということになってしまうことが少なくありません。

しかし、ドックベストセメント治療を行うことによって、 神経を抜かずに治療が出来れば、歯の寿命を延ばすことにつながります。

 

ドックベストセメントの特長

ほとんど痛みが無い

一般的なむし歯治療と違い、ドックベストセメント治療は必要以上に歯を削らないので、痛みを感じないことがほとんどです。また麻酔も必要無い場合がほとんどです。

 

神経を残せる可能性が高い

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、神経を残せる可能性が高くなります。

 

象牙質を再生させる可能性がある

むし歯菌に侵されている歯の内部の象牙質をドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力で殺菌することにより、それらの象牙質の再石灰化を促します。

 

歯の根の病気にも有効

ドックベストセメント治療は、歯の根の病気の殺菌にも効果が期待できます。

 

こんな方にお勧めです

通常のむし歯治療では、むし歯菌に侵された部分を完全に除去しようとすると神経まで傷つけてしまうことがあります。 そのため「神経を抜かなれければならない」ということにつながることも少なくありません。

 

一方で「ドックベストセメント治療」では、成分に含まれているさまざまなミネラルの力と人体の自己治癒力で虫歯菌を殺菌し、元の歯の硬さへと近づけることが可能です。主に次のような方が、ドックベストセメントを利用しています。

 

  • 詰め物が外れてしまった方
  • むし歯治療を何度も繰り返している方
  • むし歯の治療時、治療後の痛みが苦手な方
  • 歯を削りたくない、できるだけ残したいとお考えの方
  • 神経を取りたくない、残したいとお考えの方
  • 麻酔が身体に合わず、麻酔無しで治療したいとお考えの方

 

治療の流れ

1.治療前

通常のむし歯治療では、むし歯菌に感染してしまった歯質(軟化象牙質)を完全に除去しますが、神経が出てしまう場合もあります。 ドックベストセメント治療では、この感染してしまっている軟化象牙質(むし歯)を完全に除去しないで意図的に残します。


2.治療中

残った軟化象牙質の表面を、殺菌水で殺菌洗浄した後、ドックベストセメントの殺菌成分を、歯の内部に浸透しやすくするコーパライトという薬液とドックベストセメントの粉を混ぜ合わせた薬液を塗り、その上からドックベストセメントで封鎖します。


3.治療後

ドックベストセメントを残したまま、通常の詰め物をして、治療は完了します。1年程度で、むし歯菌に感染した軟化象牙質がドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと、銅(Cu)イオンによる殺菌力によって完全に殺菌され、軟化象牙質は、再石灰化して硬い象牙質になります。


 

ドックベストセメントのデメリット

保険適応外であるため、その上のつめ物、かぶせ物も自費治療となります。

痛みが激しい症例あるいは歯質がひどく崩壊している症例には適応できないことがあります。

また 神経が死んでしまっている歯には使用できません。